書いているのはこんな人

大学進学で上京、現在東京で仕事をする20代の女子。好きなものはアート、映画、ファッション、舞台、写真、美味しいものなどなど。その中でも特に好きなのが古典芸能の舞台。大学生になるまでそんなに興味もなければ1度も観たことなんてなかったけれど、観てみたら「え!めちゃくちゃ面白いじゃん!!」となった世界を、テンション高めにみなさまにお届けしていきます。
手に持っているのはわたしのイチオシの文楽入門ブック『文楽のすゝめ』、著者は「にほんごであそぼ」でもおなじみの竹本織太夫さん。

この人、特に文楽を熱く語りがち。

能、狂言、歌舞伎、なんでも好きだけど、特に文楽が大好き。でも意外と文楽ってどんなものか知られてなかったりするので、みなさんに特に大きな声で「面白いよ!!!!」と伝えていきたいと思います。

趣味は今まで古典芸能を観たことのない人を、その世界に誘うこと。笑 のべ50人くらいはご案内したのではなかろうか(盛りすぎ?)

モットーは、「最初の1回をとにかく楽しく!」。わたしもまだまだ勉強中の身ですが、ぜひ一緒に、たのしい古典芸能の世界をのぞいてみましょう!